防犯レベルアップには常駐警備の導入|空き巣ブロック

狙われる家

男の人

空き巣をする人物は、泥棒に入る家を下見します。侵入口や、外出時のタイミングは空き巣を成功させるために必ず確認をするでしょう。留守の確認だと、チャイムやインターホンを押し、不在の確認をしたり、室内の電気が消えているかどうかも細かくチェックしていきます。このような様子も、防犯システムを使った対策をすれば、不法侵入者をキャッチできるため、怪しい人物が家の前をウロウロしている場合は、防犯システムを大いに活用しましょう。最近の防犯システムは非常に性能がよく、防犯カメラにいたっては鮮明な画質になっているため、犯人が不審者の特定がしやすくなっています。また、性能のいい防犯システムだとスマホや携帯に情報が送られるようになるため、外出先でも安全確認が可能になります。

侵入のしやすい家は、防犯システムの設置に問題があるかもしれません。例えば、防犯システムが玄関先や庭先と、目立つ位置にあると、泥棒は侵入出来ないと計画を断念しますが、見えない場所に設置すると、防犯能力がかけている理由から侵入されやすくなります。そのため、防犯システムを付ける場合は、不能侵入者が分かるように取り付けるよう心がけましょう。尚、ピッキングしやすい鍵も要注意です。現在は、防犯システムの導入に続いて、ピッキング被害を阻止するドアや鍵の交換をする家庭が増えており、侵入されやすい玄関を始め、お風呂場の出窓や窓も、手厚く対策をする傾向が強くなっています。