防犯レベルアップには常駐警備の導入|空き巣ブロック

効果に期待

住宅模型

近年、防犯意識の高い人が増えています。

しかしまだ防犯対策をとってないという人や、どのような防犯対策をすれば良いのか分からない、などという人のために、効果的な防犯対策について説明していきます。まず1番初めに行うべき空き巣や侵入窃盗対策としてカギ対策があります。具体的にはピッキングやサムターン回し、カム送り対策のカギを取り付けることです。空き巣や侵入強盗は、侵入に5分以上かかった場合には侵入を諦めるというデータがありますので、防犯対策がされてあるカギを出来れば2つ取り付けることで、玄関からの侵入を諦めさせることが出来ます。

続いて窓ガラスの対策です。

実は窓ガラスからの侵入が最も多い侵入経路となります。窓ガラスの防犯対策は、防犯強化ガラスを取り付けること、そして玄関同様にカギを2つ取り付けることです。玄関は開けにくいカギ、窓ガラスは割れにくいガラスを取り付けることで侵入を諦めさせることができます。そして最も効果的だと言われている防犯対策は警備会社のホームセキュリティーとの契約です。玄関や窓ガラスなど、目立つところに警備会社のシールを貼っておくだけで空き巣や侵入窃盗は侵入を避けると言われています。警備会社とのホームセキュリティー契約は、1ヶ月3000円〜4000円となっています。このことを踏まえて警備会社のホームセキュリティーと契約をし、防犯対策がされているカギを2つ取り付け、防犯強化ガラスにすることで空き巣や侵入強盗から大切な命や財産を守る事ができます。