防犯レベルアップには常駐警備の導入|空き巣ブロック

狙われないために

ガードマン

空き巣は窓の鍵を開けて侵入してくる

ここ最近では、一戸建て住宅への空き巣被害が増えているといわれています。その侵入の手口は、主に窓ガラスを破って内部の鍵を開けて侵入してきます。 実は、空き巣に入られやすい家というのは、ある共通の特徴があります。たとえば、自宅のベランダの近くに、梯子や物置など足場になるものがあると狙われやすいです。そもそも2階の窓の施錠は忘れている事が多いので、空き巣はベランダから侵入するケースが多いです。そのため、足場になるところを探して、常に目を配らせています。 その他にも、昼などの日中に物静かな環境に自宅がある場合も、狙われやすいです。静かだということは、住民が仕事などで家にいない地域だということを意味します。なので、周りの視線が少ないので、空き巣としては犯行に及びやすいです。

業者を選ぶ時のポイント

住宅への空き巣被害を防ぐには、早急に専門の鍵屋さんに防犯対策をお願いする必要があります。鍵屋では深い防犯知識があるので、それぞれの住宅にあった防犯対策を提供してくれます。しかし、世の中にはいろいろな鍵屋さんがあります。良心的な鍵屋もありますが、そうでもない業者も多く存在します。なので、取り付けた鍵の調子が良くない、追加料金を請求されたなどのトラブルに遭う事もあります。 そこで、ここでは鍵屋を選ぶ時のポイントをお教えします。それは、きちんと店舗営業をしているところを選んだほうが良いです。たまに、店舗を持たずに経営しているところもあります。地域に根ざしていない経営なので、何かトラブルがあった場合、逃げられる恐れがあります。なので、ちゃんと実店舗を持っているところを選ぶ必要があります。更に防犯を強化する為、常駐警備の導入を検討しましょう。常駐警備をしていれば不審者が侵入する確率を大幅に下げられるのです。

効果に期待

住宅模型

人々の防犯意識の高まりから、空き巣や侵入強盗などによる被害が年々減少傾向にあり、防犯対策の効果があらわれています。何から手を出したら良いのかわからない人の為、色々と説明していきましょう。

詳細へ

住宅を守る

住宅模型

防犯システムとは、店舗や住宅を守るための大事なアイテムになり、近年は性能が高まっているため、より防犯能力に期待が出来ます。防犯システムは沢山ありますから、場所に合うものを選定しましょう。

詳細へ

狙われる家

男の人

住宅犯罪で最も多くなる空き巣は、どこか隙があります。泥棒はそこに目を付けるため、侵入させないための防犯対策があ重要になります。また、どのような家が入られやすいのかを知ることも今後重要でしょう。防犯システムの出番です。

詳細へ